抽象性と具体性
人はつねに、具体性を優先して求める傾向にある。

実生活が具体的であるがために
致し方ないことかもしれないが、
そもそも具体的な事物(ジブツ)も
たくさんの抽象性が集まって成り立っている。

--------

例えば…

演奏における技術は、具体性である。
技術によって表されるのは、抽象性である。

同じように
手工藝の技術は、具体性であるが
その技術によって出現するのは、
あきらかに抽象性の『風合い』であったり、
『心地』であったり、『良さ』であったり。

--------

抽象性と具体性を、車の両輪のようなものだと考えれば、
どちらが欠けても、用は為さない。
バランスが欠けても、用は為さない。

--------

抽象性と具体性のバランスとは、いかなるものか?

命の存在は抽象的であるが、
具体的な肉体によって
その生存が確認できる。

命のために肉体があるのであって、
肉体のために命があるのではない。
『抽象性のために、具体性を役立てる』
これが二者のバランスである。

とは言うものの
そもそも抽象性と具体性は、
その性質が大きく異なるために
同じバランス(秤)に乗せられるものではない。

--------

『高度な技術があれば、何でも出来る』とは、
極めて危険な考え方である。
抽象性である『美しさ』を求めるための技術(具体性)でなければ、
毒性をも併せ持つことを、知るべきである。

--------

注)
ここでいう抽象性と具体性は、
抽象芸術・具象芸術などではないことを断っておく。
抽象芸術の優位を言っているのでもない。

c0357413_09592096.jpg







[PR]
by mixturamusic | 2017-06-02 11:26
<< お天道様の都合 命に直結した判断 >>



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30