7年ぶりのイリマニ山
7年が、飛ぶように過ぎて行った。
久しぶりのラパスである。
町はどんなに変わっただろうか?

距離の向こうにある記憶の中の風景が、
すでに時の向こうにあるのかも知れない。

しかし、
イリマニ山は見下ろしている。
ラパスの町の喧噪を…

間もなく私も、
その喧噪の一部となるのだ。

7年ぶりのラパス。
7年ぶりのsorojchi(高山病)だけが憂鬱である。

c0357413_18245355.jpg




[PR]
by mixturamusic | 2017-10-24 18:36
日々の暮らしのひとコマ >>



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30