<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
手前醤油
今年も美味しい醤油が搾れました。

今年も多田家のお庭をお借りして、

今年も長野から
搾り師の岩崎さんをお招きして、

三日間で六樽のもろみが、
みなさんの笑顔と共に、
美味しいお醤油となりました。

搾り舟から滴る
お醤油の美味しさは、

思わずにんまりとするほどに、
思わず笑みがこぼれるほどに、
思わず「美味しい!」と叫んでしまうほどに、

本当に、本当に、
美味しいのです。

それぞれの樽に
それぞれの美味しさ。
それぞれの個性が光ります。

本当に、本当に、
美味しいのです。

この美味しさは、

本物の美味しさ
本質の美味しさ
本能の美味しさ

食通や、グルメや、美食家などとは
全く次元の異なる
真の美味しさです。
生命の輝きです。

今年もお醤油の美味しさに
たくさん、たくさん、
学ばせていただきました。

一年間、
もろみの樽をお世話下さった
もりぶとミカコさん、

本当に、本当に、
ありがとう。
c0357413_21530442.jpg


[PR]
by mixturamusic | 2016-02-22 22:17
寒い日の朝
寒い日の朝
ストーブの上で「チーン」と鳴る薬缶の音に
気持ちが穏やかになる。

ときどき湯気を立てながら
静かに しかし
賑やかに
冬の朝の音だ

そんな朝
ときどき土鍋でお粥を炊く。
白く
トロリとした朝粥は
体の芯から温めてくれる。

前日のご飯が残っていれば
野菜をたっぷりと入れた
雑炊もよい。
自然塩と
自家製醤油で薄く味を付けた雑炊は
滋味溢れる美味しさだ。

炎のちから
火のちから

電磁調理器ではこうはいかない。
電子レンジではこうはいかない。

人にとって最も分かりやすい
美意識の一つ
『美味』について
もっと積極的に しかし
もっと謙虚に
考えてみたらどうだろうか?


c0357413_11012365.jpg


[PR]
by mixturamusic | 2016-02-10 11:17



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29