<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
お天道様の都合
「今年は雨が少なくて…」

田んぼ作業の季節、
田んぼのことを尋ねられると、
こんなふうに答えていた。

実際、春先からの天候は雨が少なく、
我が田んぼの下を流れる小川には、
ほとんど水がない状態が続いていた。

5月に初めに和之さんがトラクターをかけて下さり、
なんとか苗代分の水だけ引いて、自家採取の種籾を播く。
気温の乱高下もあり、徒長気味ではあるが、田植えのための苗は育ってくれた。

「今年は雨が少なくて…」

着々と作業が進む和之さんの田んぼを横目に、
私は自身への言い訳を繰り返していた。

「こっちには全然水がねえだよ」
5年前までこの田んぼを守ってきた金一さんの言葉が思い出される。
梅雨入りまで水に不自由することは、昨年までの経験で分かっていることだ。

「今年は水が少なくて…」

福島に出発する前日、まとまった雨が降った。
「今しかない」と、雨の中、夢中で代を掻き、やっと下の三枚を田んぼにした。
小川の水の絶対量が少なく、上の三枚には水が溜まらない。

「今年は水が少なくて…
田植えは下の三枚だけになりそうだ。」

「上の三枚に水がないので、取水口をいじっておきました。」
福島滞在中に和之さんからメールが届いた。
ありがたい話。でも雨がなければ水は溜まらないだろうなあ…

きれいに代が掻かれた最上段。水はしっかり溜まっている。
二段目、三段目は、まだ畑のような姿である。
下の三枚の田植えをしながら考えた。

「今年は雨が少なくて…」

翌日、たくさんの雨が降った。
また「今しかない」と、大雨の中、夢中で代を掻いた。
小川の水はみるみる増えて、田んぼに水が満ちてきた。

翌日。
スケジュールの都合上、田植えの日程は今日一日しかない。
田んぼに梯子をかけ、泥を平らにならしてから、早速田植えに取りかかった。

目の前に現れた小さなカエルが、急に歌を歌いだした。
「歌は、こうやって歌うのよ」
カエルが教えてくれているような、美しく、力強い歌である。

c0357413_17083407.jpg


今年もなんとか田植えができた。
初夏の風景ができた。
この安堵の気持ちは格別だ。

不出来な私の田んぼ作業に
いつも手を差し伸べて下さる和之さん、
本当にありがとうございます。

「今年は雨が少なくて…」
「そんなこと言っちゃぁ、お天道様に叱られらぁ。」
これも金一さんの言葉。

『農とは、お天道様の都合に人間が合わせるということ』

今年の田植えでも、またたくさんのことを学ばせていただいた。

c0357413_17080931.jpg



[PR]
by mixturamusic | 2017-06-27 18:09
抽象性と具体性
人はつねに、具体性を優先して求める傾向にある。

実生活が具体的であるがために
致し方ないことかもしれないが、
そもそも具体的な事物(ジブツ)も
たくさんの抽象性が集まって成り立っている。

--------

例えば…

演奏における技術は、具体性である。
技術によって表されるのは、抽象性である。

同じように
手工藝の技術は、具体性であるが
その技術によって出現するのは、
あきらかに抽象性の『風合い』であったり、
『心地』であったり、『良さ』であったり。

--------

抽象性と具体性を、車の両輪のようなものだと考えれば、
どちらが欠けても、用は為さない。
バランスが欠けても、用は為さない。

--------

抽象性と具体性のバランスとは、いかなるものか?

命の存在は抽象的であるが、
具体的な肉体によって
その生存が確認できる。

命のために肉体があるのであって、
肉体のために命があるのではない。
『抽象性のために、具体性を役立てる』
これが二者のバランスである。

とは言うものの
そもそも抽象性と具体性は、
その性質が大きく異なるために
同じバランス(秤)に乗せられるものではない。

--------

『高度な技術があれば、何でも出来る』とは、
極めて危険な考え方である。
抽象性である『美しさ』を求めるための技術(具体性)でなければ、
毒性をも併せ持つことを、知るべきである。

--------

注)
ここでいう抽象性と具体性は、
抽象芸術・具象芸術などではないことを断っておく。
抽象芸術の優位を言っているのでもない。

c0357413_09592096.jpg







[PR]
by mixturamusic | 2017-06-02 11:26



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30