<   2017年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
日々の暮らしのひとコマ
ラパスの町の、ロドリゲス市場の朝は早い。

まだ暗いうちから、バスやトラックで荷物が運ばれる。
ひと抱え以上ある大きな包みが下ろされると、
荷運びの人足カルガドールが、その包みをいくつも背負い、
荷主のうしろについて、それぞれの売場まで運んでゆく。
c0357413_21350133.jpg

荷主は、売り場の近くに預けてある日傘を組み立て、
見栄えよく、自分の商い物を並べてゆく。
野菜も、果物も、チーズも、鶏肉も、
彩り豊かに、
形よく、
分かりやすく、
美味しそうに並べてゆく。

日が昇り切ったころ、市場は最も賑やかだ。
新聞売りの少年の声が響き、
朝ご飯に、リャウチャを売り歩くチョリータの声も負けてはいない。

買い物客を呼び止める売り子の声。
日が高くなる頃に現れる、アイスクリーム売りのラッパホーンの音。

食料品に日用品。
ありとあらゆる物が商われるロドリゲス市場は、
常に活気に満ちている。
c0357413_21351975.jpg

お昼も少し過ぎて、そろそろ売り場を片付ける人もいる時間、
アコーディオンの音が聞こえてきた。

ロドリゲス市場の、いちばん東の端の方でアコーディオンを弾く、
盲目の音楽家がいた。
次から次へと、ボリビアの民謡、舞曲を奏でてゆく。

彼の足下には木箱がひとつ。
コインが入る溝が切ってある。

しばらく聞き入ったあと、木箱にコインをいくつか入れると、
チャリンという音がした。
『Muchas Gracias!』
一瞬弾く手を止めてから、またすぐ続きから弾き始めた。
c0357413_21353431.jpg

アコーディオン弾きの姿は、
ロドリゲス市場の一部となっていた。
その彼の奏でる音楽も、
ロドリゲス市場の音になっていた。

市場と共に、毎日が繰り返されるそれぞれの日常。
日々の暮らしとともにある、
生命の営みである。

日々の暮らしの連続は、
生命の証しである。
日々の暮らしの中にこそ、
健全な美しさが満ちている。
c0357413_21355394.jpg

私の奏でる音楽も、
…いつでも、どこでも、
地球の傾き加減を感じながらの、
日々の暮らしのひとコマであり続けたい。



[PR]
by mixturamusic | 2017-09-21 22:27



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30