原点に返る〜湯町窯にて
倉敷、福岡でのコンサートの余韻を抱えたまま
松江市玉湯町にある『湯町窯』を訪れた。

子どものころ大好きだった
玉子のための小さな陶器の鍋が
『湯町窯』のものだと知ったのは、
自発的に民藝を求めるようになってからである。

c0357413_19462355.jpg


『湯町窯』の陶器は、
どれもこれも陽気である。
色も、形も、風合いも、
どのうつわを手に取っても
なんだかとても楽しくなる。
陶器の並べられた棚を飽きずに見ていると、
休憩時間なのだろうか
ご当主の福間琇士さんが作業着姿で出て来られた。

「これはどこのものですか?」
いきなり私の着ていたコートに触れながら
ストレートなお尋ねである。
「ボリビアという南米の国の織物です。」
「素材は何ですか?」
「ウールの手紡ぎ手織りです。」
「その国の人たちは、今でもこれを織っていますか?」
「はい。地域によっては今も織られていますが、やはりどんどん減ってきています。」
・・・・・次から次へと質問は続く。

南米地域の略図を描いたり、
ポンチョやアワイヨ、アクスの説明をしたり、
ボリビアの気候風土、アンデスの歴史、
そこに暮らす人たちの生活などなど、
椅子に座り込み、
質問と応答の、楽しい会話が続いた。

c0357413_19464883.jpg


「焼物で、いろいろな新しい試みもするのですが、
こういう手仕事を見せていただくと
原点に返ることの大切さを教えられます。
私はほとんどここから動く事がないのですが、
今日は良い旅行をさせてもらいました。」

・・・・・・・・・・

日常使いの美しさ、力強さ、温かさ、
そして芯の太い伝統と、
正しき新しさの姿とを、
『湯町窯』で見せていただいた。

奥さまが点ててくださったお茶が、
優しく、温かく、
とても美味しかったことも
忘れられない。

一度工房に戻られた琇士さんが
再び出て来られた。
「ボリビアに焼物はありますか?」


次回ボリビアのうつわを携えて
また近いうちに伺います。

c0357413_19460437.jpg








[PR]
# by mixturamusic | 2017-01-31 20:56
地球の傾き加減
熊谷守一(画家・1880〜1977)の晩年
画商にたのまれて 花の絵も描いた。
「たとえそれが 花瓶にさした花の静物であっても
それがのっている地球の傾き加減がわかるようでないと駄目だ。」
と、娘の榧さんに言っていたそうだ。

『地球の傾き加減』それは
森羅万象
自然法爾(じねんほうに)
万物の道理そのものである。

c0357413_17062251.jpg

守一は、
九十七年の生涯後期ほぼ三分の一を
池袋にあった自宅の敷地から
一歩も出ずに暮らしたという。

草木の生い茂る庭に息吹く
無数の生きものたちと対話して、
そのいのちを共有しながら、
まさにただ息をするかのごとく
制作を続けたのだろう。

c0357413_17055389.jpg

『地球の傾き加減』を感じる生き方を
個々で真摯に探求すべきだ。

当たり前のことが
当たり前にあること、
それが本当の美しさである。
それは即、幸せな世の中の実現である。

c0357413_17064355.jpg

今朝、
氷がはり、霜柱が立った棚田に行くと、
梅のつぼみがふくらみ
水仙が花を咲かせていた。

みなさん 良いお年を お迎え下さい。





[PR]
# by mixturamusic | 2016-12-30 17:34
脱ハイセンス
外見だけを整えた
『ハイセンス』が
巷に氾濫する。

外見だけを整えるための
『ハイセンス』マニュアルも
乱立する。

『かっこいい』
『かわいい』
に要約された
一過性の心地よさ。
マニュアル通りで
手軽に『ハイセンス』である。

c0357413_00273378.jpg


『ハイセンス』を狙ってはいけない。
外見のみを整えるのは
偽りである。

一過性の心地よさに
惑わされてはいけない。
外見が整ったことで
中身まで良くなったと錯覚させる
瞞(まやか)しである。

真の良きものは
地道な積み重ねで養われる
意識なき動作によって現れる。

真の良きものは
良きものを狙わぬところに
自ずから現れるのだ。





[PR]
# by mixturamusic | 2016-12-29 00:48
音楽の話〜テンポ
音楽は
時の経過とともに存在する。
時の流れの中でしか
人は 音楽の存在を認識し得ない。

(楽曲を考察の前提として)
ある曲はゆったりと
ある曲はせっかちに
ある曲はゆらぎながら
ある曲は淡々と

曲の始まりから 終わりまで
時の経過とともに 進んでゆく。

c0357413_20444619.jpg


曲の速度を 『テンポ』という。
『テンポ』とは
曲の始まりから終わりまでの時の流れの中で
その曲が
歩みを進める速度である。

時の流れの中に
テンポは 無限大数存在する。

時の流れが
人の意思とは関係なく
既に 常に 存在している中に
テンポも 普遍的に存在する。

人が 時(とき)を作り出せないように
人は テンポを作り得ない。

演奏において演奏者は
無限大数の中から
すでに存在するテンポを
選べばよいだけだ。

c0357413_20451470.jpg


テンポを選ぶにあたっては
曲に相談するのが一番よい。

曲が具象化〜音になるために なにを望んでいるか
そんな対話が できるために
日々の精進が 必要なのだ。

テンポを選ぶ…
それは、
人が生き方を選択するのとよく似ている。






[PR]
# by mixturamusic | 2016-12-19 21:50
人と『もの』との在り方
暮らしのために 使われた『もの』たちは
時を重ねる毎に
風合いを増し
味わいを増し
ある種の美しさを増してゆく。

使われたために 纏った
キズも
剥離も
割れも
変色も
変形も
かえってそれらが
美しさの源となる。

c0357413_11375093.jpg


人の暮らし
すなわち いのちの継続を共にしながら
そのいのちに寄り添い
そのいのちを支えてきた
『もの』たちは
『人が使う』という行為を通して
自然(じねん)の変化に
身をゆだねる。

人の意思で作られた
『もの』たちも
自然(じねん)の働きによって
自然(じねん)の中へと
戻ってゆく。

それが
美しさとなって
現れるのだ。

c0357413_11372518.jpg


真っ当な暮らしの中で
大切に使われ続けた『もの』たちは
往々にして
人の寿命より
遥かに長い時を経て
自然(じねん)の美しさへと
帰ってゆく。

それは
人と『もの』との
正しい在り方のひとつだと思う。

c0357413_11365672.jpg


[PR]
# by mixturamusic | 2016-11-25 11:58



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30