友人たち…amigas e amigos
ペーニャ・ナイラの絆はとても強い。

82年カブールに招かれて渡ったラパスで、
私の暮らしの中心はペーニャ・ナイラだった。

ペーニャ(ライブ・ハウス)の営業は夜だが、
午後になれば、若い音楽家たちの溜まり場になる。
言葉もろくに話せない私でも、気さくに仲間の輪に入れてくれた。

ペーニャ・ナイラからは、実に多くの音楽家たちが巣立って行った。
Semillero de los músicos…『音楽家の苗床』と言われる所以である。

今回参加したサガルナガ・アソシエーションも、
ペーニャ・ナイラの絆から生まれた会である。
(ペーニャ・ナイラは、サガルナガ161番地にあった。)

世代もスタイルもまちまちだが、同じ環境で育った音楽家たち…。
その絆は健在である。
・・・・・・

c0357413_23032191.jpeg

Carlos Cusicanqui (カルロス・クシカンキ)フランス、ナント在住
仕事の合間を縫って、私に会いに駆けつけてくれた。
カブールとも演奏していたサンポーニャ奏者。
「オー!ドン・タカ!久しぶり‼︎」
実はあまりの容姿の変わり様に、しばらく誰だか分からなかった。
「ほーら、だんだん顔が笑って来た。やっと誰だか分かったんでしょう!」
彼の優しい語り口は、確かに昔から変わっていなかった。
現在は、カリブ系のダンス音楽を専門にしている。
・・・・・

c0357413_23263040.jpg

José Mendoza(ホセ・メンドーサ)アメリカ、ニュージャージー在住
(右から二番目)
アメリカで、ボリビアのラジオを運営するジャーナリスト。
ラパスのラジオ・コンドル時代からの友人だ。
往年の音楽家たちに、ボリビア文化功労賞を授けに、ヨーロッパを回っている。
私がフランスに来ている事を知って、私にも届けてくれた。
・・・・・・

c0357413_23063233.jpg

Gustavo Cordero(グスタボ・コルデーロ)フランス、レンヌ在住
かつては管楽器奏者、現在はギタリスト。
若かりし頃、よく家に遊びにきていた。
彼もわざわざ訪ねてくれた。
「グスタボ、久しぶり。元気?」
「ありがとう!君が唯一、
僕のことを『ファン・カルロスの弟』って呼ばない友人だよ!」
・・・・・・

c0357413_23053640.jpg

Antonio Perez(アントニオ・ペレス)一年の半分を、パリ近郊のオルセーに暮らす。
我がグループ、LUZ DEL ANDEのチャランゴ奏者。
バンドネオンも上手く弾く。
私がフルタイムで参加すると聞いて、最初から最後まで付き合ってくれた。
次は11月にラパスで…
・・・・・・

c0357413_23061795.jpg

Doña Gradys V.de Dominguez y su hijo Cesar
(アルフレッド・ドミンゲスの未亡人グラディス夫人と息子のセサール)
スイス、ジュネーブ在住
33年前、彼女をジュネーブの家に尋ねたことがある。
小さかったセサールも、今やロックの音楽家。
グラディスは、昨年11月のLUZ DEL ANDEのコンサートにもきてくれた。
・・・・・・

c0357413_15530125.jpg

Roger Soruco(ロヘル・ソルーコ)フランス、パリ在住
彼は音楽を始める前から、よくペーニャ・ナイラに遊びに来ていた。
私がボリビアに行った当初、片言の日本語で話しかけて来たのを覚えている。
当時は、サンポーニャを練習していたように思う。
「ボクの生まれて初めての演奏は、タカと一緒に行ったボクの学校。
あのお陰で、ボクは良い点数をもらえたんだ。」
それからギターを練習して、やがてカブールのギタリストも務めるようになる。
エル・モリーノのあと、すぐにラパスへと出発した。
・・・・・・

c0357413_23284131.jpg

HERNAN MERCADO(エルナン・メルカード)フランス、ナント在住
(右から5人目)
PAJA BRAVA(パハ・ブラーバ)の創立メンバー。チャランゴ奏者。
ペーニャ・ナイラのほぼ同期である。
彼は大学に通いながら音楽をやっていた。

「時間が空いたら家にこないか?」
「月曜日はどう?」
「トーニョ・ペレスは一緒か?」
「ううん、彼とではなく二人のボリビア人と一緒だよ。」
「じゃあ、みんなで来いよ。」
「実は…フランス人とスイス人も一緒なんだ。」
「5人だね。どうぞみんな一緒に。」
「荷物が多いよ。」
「そんなこと、心配いらないよ。」

ペーニャ・ナイラの思い出話に、笑いの花が咲きっ放し。
料理が上手な友人まで招いて、
本当に楽しい午後の思い出を作ってくれた。
・・・・・・

c0357413_23030493.jpeg

今回の滞在で、実にたくさんの友人ができた。
音楽を中心に、友情の結び目はどんどん増えて行く。
これもペーニャ・ナイラの絆である。
c0357413_23052657.jpg

Muchas gracias Jean, Escuela Naira sigue vigente en tu pueblo.
Felicidades !!!
(ジョアン、ありがとう。
ペーニャ・ナイラの教えは、今でも君の街に生きている!!!)

Jean Vidaillac(ジョアン・ビダイラック)
フランス、モワドン=ラ=リベール在住
チャランゴ奏者。
ロス・ハイラスのケーナ奏者ジルベルト・ファブレと共に、
ロス・グリンゴスを結成。
サガルナガ・アソシエーション主宰。
c0357413_23264769.jpg

Muchas Gracias a todos!!!!
Merci beaucoup ‼︎‼︎
みんな、どうもありがとう!!!


[PR]
# by mixturamusic | 2018-09-04 01:23
暮らしの中の美しさ
約3週間のフランス。
何かにつけて楽しく、充実した毎日だった。

500年も前に建てられた、石造りの農家に寝起きし
やはり同じ古さの粉挽き小屋とその周りで音楽三昧…
ほとんどモワドン=ラ=リベールを動くことはなかったが、
それでも、いくつかの街を訪れる機会があった。
c0357413_21522631.jpg

どこへ行っても美しい。
どちらを向いても美しい。
……正直な感想である。
c0357413_22160065.jpg

街並みも、街灯も、生垣も、扉も、
何を見ても、そこに美しさがある。
美しさが、街を形作っている。
美しさによって、暮らしが営まれている。
c0357413_22214443.jpg

美しさを保つためには、それなりの労力が必要である。
その前に、美しさへの正当な意識が必要である。
c0357413_22274266.jpg

美しさを日常的に、当たり前に体験していれば
それが美意識に対する基準になる。
フランスでは、それをまざまざと見せつけられた。
c0357413_21564309.jpg

小さな町の庁舎の生垣に植えられた花々。
決して華奢ではなく、神経質でもなく、気取ってもいない。
当たり前の美しさ…
c0357413_21560319.jpg

『暮らしの中に美しさをもとめて』
9月11日近江楽堂でお待ちしています。
c0357413_22541301.png

c0357413_22542197.png




[PR]
# by mixturamusic | 2018-09-03 22:57
伝統的な意匠
伝統的な意匠が、文化の象徴として扱われることが多い。

例えば、藍染の色も、それによって染められた文様も、
日本の伝統色・伝統文様として扱われる。
例えば、アンデスのポンチョやアワイヨに織り込まれた文様も、然りである。
それらの『象徴』は、
切り取られたり、デザイン化されたりして、
多くの人たちの目に触れる。

・・・・・・

本来、伝統的な意匠は、人々の暮らしの中で、
必然的に生じた『姿』である。
日々の暮らしが生み出した、必然の美しさである。

そこには、人々の生命(いのち)が込められている。
無意識の、必然の…。
生命の、奥深いところから、
自ら、静かに輝く美しさである。

音楽もまた然り。

それらを軽く、弄んではならない。
それは、生命への冒涜ですらある。

c0357413_21595620.jpeg

[PR]
# by mixturamusic | 2018-08-05 15:27
ゴツゴツとした手
マイアミからラパスに向かう機内で、白人ご夫妻と席が横並びになった。

おそらく80歳近いと思われるお二人は、離陸後も、
話すこともなく、笑うこともなく、
映画を観ることも、音楽を聴くこともなく、
シートベルトを締めたまま、背筋を伸ばし、
真っ直ぐ前を向いて座っていた。

機内サービスが始まる。
通路側の私が、窓際に座ったMr.にドリンクを手渡すと、
初めて笑顔で「Thank you」…その時、
コップを持ったMr.の手を見て、キュンと胸が熱くなった。
節くれだったゴツゴツとした手。
紛れもなく農夫の手である。
無意識にMrs.の手に目が行くと、こちらも節々がしっかりとした大きな手である。

アメリカの農地を、私は知らない。
作物も、農法も、農機具も。
しかし、長年土と共に働いてきた手は、決して嘘をつかない。
不意にその手を見て胸が熱くなる自分を、幸せだな…と思った。

トルストイの『イワンのばか』の最後に、
『どんな人でも手のゴツゴツした人は、食事のテーブルにつけるが、
そうでない人はどんな人でも、他の人の食べ残しを食べなければならない』
というイワンの国のならわしが出てくる。

真っ先にテーブルに案内されるべき老夫婦。
昨年のボリビア行きの、小さな…しかし時々思い出す、大切な記憶のひとつである。
c0357413_13244115.jpeg




[PR]
# by mixturamusic | 2018-05-31 14:04
高柴デコ屋敷・春の宴
宴の日の朝、午前9時にデコ屋敷を尋ねると、
橋下廣司さんは、いつもの仕事場で、木型に和紙を張っていた。
「アーどうもー、桜はもう散っちまったもんで、今日は家の中でやろうと思って。」
私たちを見つけると、いつものようにニコニコと話しかけてくれた。

いつもと変わらぬ日常。

例年のように、ツバメたちが帰ってきて、屋敷の梁に巣を掛けている。

c0357413_10204789.jpg
「ばあちゃんはね、毎朝5時からここでこうしてペッタンペッタンやってるの。」
昨年97歳で大往生された橋本アサさんの声を思い出す。
木型に紙を張り続けた手は、大きく温かかった。

江戸時代から続く日常。
詳細は変われども、本柱は変わらない。

高柴にあるデコ屋敷は四件。
みんな本家から分かれた親戚だそうだ。

いつだったか、廣司さんが当家の歴史を話してくれたことがある。

本家から分家した経緯や、
跡継ぎが途絶えそうになったこと、
昔と今の仕事内容の違い…

時に、江戸時代に作られた木簡やデコを見せてくださることもある。
「おら、なかなかこんな風にはできねーんだなぁ。」
「どういうわけか、昔のものの方が生き生きとしてな。」

c0357413_10204958.jpg

「おら、子どもの時からこの桜を見て育ったもんで、
桜に育ててもらったような気さえしています。」

「桜の根っこは、もしかしたらこの屋敷の下まできているんじゃねえかと。
花は花だけで咲くんじゃねくて、根っこが栄養を吸った姿なんだなぁ。」

「こっちから桜を見るように、この世の中を、いつも一番下から眺めて、
そうすると、全部がきれいに見える。
そんなことをひょっとこさんから教えてもらっています。」

「今まで、黙ってやって来たども、
70過ぎてからは、いろいろ伝えねばと思って、口を開くようにしています。」
c0357413_10204801.jpg

浪江、富岡のひょっとこ連の方々が集まり、今年の宴が始まった。

演奏も即興、踊りも即興。

「ところで廣司さん、どうやって木下さんと知り合ったんだぁ?」
「私は廣司さんの大ファンで…」
「いやー、十五、六年前から、木下さんは夕方にフラッとやって来て、だまーって人形さ見て帰るんだ。」
「奧さんとはいろいろ喋ったけども、ずっと黙って人形さ見てくんだ。」

実際に、初めて私たちがデコ屋敷を訪ねたのは7年前。
それから幾度となく伺っている。
廣司さんの錯覚は本当に嬉しい。
私たちも、もっとずっと前からのお付き合いだと感じている。

「あのー箏のねーちゃんは?」
「今年はスエーデンに行くって聞いていますよ。」
「そりゃ、すごいな!」
「来春はまた一緒にきますね。」
c0357413_10204778.jpg

宴の最中、仕事場では18代目の将司くんが絵付けをしていた。
デコ屋敷の日常は続いてゆく。



[PR]
# by mixturamusic | 2018-04-28 11:26



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31