優しさと慈しみと
政治家にとって、最も必要な要件とは何であろうか?
それは間違いなく『優しさと慈しみ』である。

自他を超え、立場を越えて、
痛みや、苦しみや、難儀を想像し、
それらが少しでも和らぐ手だてを講ずる、
それらに手を差し伸べることが、
本来の政治の仕事であるはずだ。
今の世界に、そんな政治家がどれくらいいるだろう?

いかに政策に優れていても、どれだけ法学や経済学に長けていても、
その使い方が正しくなければ、社会は幸せにならない。
いかに弁が立ち、巧みな討論で、相手を打ち負かしたとしても、
それで社会は幸せになれない。

いかなる政策も、いかなる主義も、いかなる論法も、
その根底に優しさと慈しみがなければ、
誰かの幸せと引き換えに
どこかに不幸を生み出すことになるのだ。

政治家に限らず、世界中の一人一人が、
優しさをもって、慈しみをもって、
他者の命の愛おしさに思いを馳せれば、
世界の平和は、今すぐにでも実現する。
c0357413_14581244.jpg

[PR]
by mixturamusic | 2015-09-01 17:23
<< 稲刈り 豊かな生活 >>



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31