人気ブログランキング |
La Paz...Ciudad del cielo!!! 空の街...ラパス!!!
約三週間のボリビア滞在....

何にしくじったのか.....
今回はずっと体調が悪かった。
c0357413_08150911.jpg
エル・アルト空港で2時間半の高山病に耐え、朝一の便でコチャバンバへ。
頭痛と息苦しさの中、同じ飛行機に乗る30年ぶりの友人に会った。

コチャバンバ.....
ラパスに比べ、標高が1,000mほど低いので、ずいぶん楽である。
心配していた寒さも、コチャバンバでは無関係である。
c0357413_08152061.jpeg
我がルス・デル・アンデの歌手Chelo Ariasの家でお世話になった。
レコーディング予定の新曲二つの詩を、二人で完成させた。
世界文学にも造詣が深いCheloくん、曲のイメージを伝えると、
庭をうろうろ歩きながら、スルスルとフレーズが流れてくる。

「直接対面して仕事がしたい。」

Cheloの希望もあってのコチャバンバ滞在。
彼は現在、スペイン語の俳句を勉強中である。
心地の良い共同作業ができた。
c0357413_07560308.jpeg
ある程度覚悟をしてのラパス入り。
Mate de Cocaを飲んで、呼吸を整えて機内へと。
コチャバンバ〜ラパスはたった25分の飛行である。
眼下にイリマニ山を見ながら、
あっという間に標高4,000mの滑走路に着陸する。
c0357413_08391914.jpg
数年前に建て替えられたエル・アルト空港。
出入国審査も通関もスムーズにはなったが
広くなった分、歩く距離も長くなった。
高山病には、ちょっとした距離、ちょっとした傾斜がきついのだ。

でも.....
覚悟をしていたような高山病の症状が出ない。
少し頭がフラつくだけで、普通に歩けるのだ。
タクシーに乗り、Mira Flores地区へと向かう。
街はちょうどGran Poderの祭り当日。
交通規制もあり、かなり混雑している。
本当は...祭りのentradaも見たかった。
c0357413_08394457.jpeg
急に体調が悪くなったのは、この二日後...
おそらく着いてすぐの体調がよかったので、
身体をいたわることを怠ったのであろう。

「高山病を拗らせると、よけいにひどいから…」
かねてから聞いていたことだ。

結局、帰るまで調子は戻らなかった。
友人たちに話すと
「年のせい?」
と笑われる。
しかしそればかりとは思えない...
やはり高山病を拗らせたのだと思う。
c0357413_07545208.jpg
予定していたレコーディングは先送りにした。
しかしそれも良い。
今回は、ルス・デル・アンデのメンバーとも、
たくさんの友人たちとも、ゆっくり話ができた。

いま私が、私たちがやろうとしている仕事には、
より良い熟成期間を与えてもらったと思っている。

ラパス...高山病になろうとも、やっぱり私の第二の故郷である。
VIVA La Paz !!!!
c0357413_07500656.jpg

by mixturamusic | 2019-07-24 09:13
<< EL ALTOとCHIJINI 小さくとも実のある『うず』…舞... >>



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31