人気ブログランキング |
合奏するということ その1
合奏をするのに最も大切なことは
『息を合わせる』こと。
『音を合わせる』のではなく
『息を合わせる』ことで
結果的に『音が合う』のである。

少なくともフォルクローレにおいては…
グループの構成員の立場は公平である。
楽器の違いはあれ
役割の違いはあれ
参加者全員の存在が
必然的に尊重される。
合奏するということ その1_c0357413_20561537.jpeg
リズムを合わせるためには
リズムの流れを共有する。
同じリズムの歯車に乗り
歩調を合わせて前に進む。

誰かのリズムに合わせるのではない。
全員が同じリズムで呼吸をするのである。
同じリズムの波に乗るのである。

決して急いではならない。
決して急かしてはならない。
余裕のある歩調で
余裕のある歩幅で
みんな揃って前に進むのだ。
合奏するということ その1_c0357413_20561408.jpg
まとまったアンサンブルにするためには
全員が完成品をイメージすること。
楽器に関係なく
パートに関係なく
聞こえるはずのアンサンブルを
みんなで共有し合うこと。

他のメンバーが重ねた音に
自分の音を混ぜながら
より良い響きにしてゆく感覚。
楽器に関係なく
パートに関係なく
全員がそれを実行すること。
合奏するということ その1_c0357413_20561294.jpg
アンサンブルは持ちつ持たれつ。
社会の有り様と同じである。

時にリーダーが必要となる。
リーダーとはリードする役割を担う人。
しかし
合奏においての立場はあくまでも平等。

全ての必然がそろった時に
アンサンブルは新たな命を吹きこまれる。

それが合奏の醍醐味なのである。
合奏するということ その1_c0357413_20561235.jpg

by mixturamusic | 2020-09-24 21:49 | フォルクローレ
<< 合奏するということ その2 楽器の話 その1 >>



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
検索
最新の記事
合奏するということ その2
at 2020-10-28 16:52
合奏するということ その1
at 2020-09-24 21:49
楽器の話 その1
at 2020-08-12 16:32
考える生きものたち
at 2020-06-28 12:44
太陽を見よ。雨音を聞け。
at 2020-04-02 15:23
宇宙の中での、音楽家としての..
at 2020-02-12 22:37
はしまや『子歳』コンサートで
at 2020-01-28 23:07
オルセー美術館にて
at 2019-12-08 22:55
ルーブル美術館にて
at 2019-12-04 23:47
三谷祭り
at 2019-11-30 23:28
作曲するということ
at 2019-09-07 11:41
サガルナガ・アソシエーション..
at 2019-09-02 17:09
本能の美
at 2019-07-25 16:01
EL ALTOとCHIJINI
at 2019-07-24 11:49
La Paz...Ciuda..
at 2019-07-24 09:13