人気ブログランキング |
<   2019年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
本能の美
民藝運動の祖柳宗悦は、もともと宗教学者である。
若き頃はキリスト教を、のちに仏教を深く学んだ。
より良い社会の実現を志す眼から、民衆工藝の美しさを見出し、
大無量寿経の願文より『美の法門』をうちたてた。

『用の美』....暮らしの中の必要性が産み出した美。
言い換えれば、暮らしの中の『必要』は、常に絶対美を伴う...ということ。
さらに言い換えれば、『いのちの美』『本能の美』とも言えるだろう。
c0357413_10165102.jpeg
・・・・・
ある光景を思い出す。
会津三島町の工人まつりで.....

今や名高い会津三島町の『山葡萄籠』は、
地元の人たちが秋にキノコを収穫するために使っていた。
地元の山中で取れる山葡萄の蔓で、地元の名人たちが農閑期に編んでいたもの。
編み目が荒く、収穫したキノコや山菜の胞子が編み目から地面に落ち、
翌年以降もキノコや山菜が育つ…という仕組みだ。
太い蔓は太いなりに、
曲がった蔓は曲がったなりに、
それが特有の造形美を形作る…まさに『無作為の美』。

ここ数年、その魅力が広く知れ渡ると、
行商人が『山葡萄籠』を買い漁りに来るようになったと言う。
限られた原材料に、限られた職人。
瞬く間に価格は高騰した。
それに危機感を抱いた会津三島町が『山葡萄籠』を一括管理して、
年に一度、一般向けに売り出すのが『工人まつり』である。

森の中に張られたテントをブースに、何人もの職人さんたちが店を出す。
平等に購入機会を…ということで、イベント・オープンの合図があるまで売買禁止。
合図の前からお目当の店の前に群がる人、人、人…。
驚くことに最前列の何人かは、もうすでにいくつもの籠の持ち手に腕を通している。
「ハイどうぞ」の合図とともに、大方の籠は売れてしまうのだ。
そんなことをする人のほとんどが妙齢の女性。
その出で立ちは、『ザ・民藝』とでも言おうか…
これ見よがしにも見えるほど、手織りや手染めの『高級品』を纏っている。

高級ブランド化した民藝に、
腕からいくつもぶら下げられた山葡萄籠に、
柳宗悦の心は、その面影さえ認められない。
c0357413_10173340.jpeg
民藝は『有名』になり過ぎてしまった。
柳の心を置き去りに、
『民藝』自体が、名声の道を歩かされるようになってしまった。
これほど追い立てられれば、『民藝の心』など語っている時間もなかろう。

宗教学者としての、そして宗教家としての柳宗悦の心を、
どれほどの人が知っているだろうか?
どれほどの人が関心を持っているだろうか?
どれほどの人が理解しているだろうか?

本来民藝は寡黙なはず。
本来民藝は無名のはず。
本来民藝は大金と無縁のはずである。

有名は『毒』を併せ持つ。
名声からは『猛毒』が生じる。
それらが『もの』の姿を醜くする。
それらが『もの』を『美』から遠ざけることを、
『本能の美』から乖離していくことを、柳宗悦は発見したのである。
c0357413_10220085.jpeg
・・・・・
ボリビアはいまバブルである。
どこへ行っても、ビルの建築は盛んで、車の数もどんどん増えている。
商業施設も、レストランも増え、
物価も上昇して…
お金が回れば、収入も増える。

多くの人たちはそれを『発展』と呼ぶ。
大気汚染、水質汚染、自然破壊、自給率低下、貧困、格差、治安悪化…
そうしたものが目の前に表れたとしても、
多くの人たちは『発展』を望む。
際限のない発展などあり得ないことには目をつむり、
ただただ『発展』の名で、現状を肯定する。

ーそれは何もボリビアにかぎったことではないが…
c0357413_10593941.jpeg
現在のボリビアの音楽状況は最悪だ。
いわゆる売れているものの、どこを取っても美しさの欠片すらない。
フォルクローレの楽器を使ってはいても、それは音の素材としか聞こえない。
ボリビアのリズムを使ってはいても、それらは興奮剤としての役割だけ。
メロディは耳心地の良さだけを抽出し、
歌詞に至っては…言葉がないほどに劣悪である。
そしてどれを聞いても同じ響きがする。

「まともなコンサートには人が入らない…」
多くの同僚音楽家たちから、何度この言葉を聞いたことか。
「酔いが回って踊りまくれればいいんだ。」
「一発ヒットすればもう安泰さ。」
「彼らのギャラはビックリするくらい高いんだぜ!」

そう!驚くべきことに、今のボリビアでは音楽で『稼げる』のだ!
c0357413_14354726.jpg
ペーニャ・ナイラ時代の同僚と、またそんな話になった。

「俺たちがペーニャで音楽をやっていた頃って稼げたか?」
「いや全然。せいぜい交通費の足しになったくらいかな…」
「だからみんな一生懸命にやったんだと思わないか?」
「・・・・・・・・」
「みんなお金にはならない事をよくよく承知の上で、音楽に情熱を傾けていた。」
「純粋に音楽を愛するヤツらだけが、愛情だけで音楽をやっていたんだ。」
「だから全てのグループに特色があったし、力もあった。」
「もちろん上手い下手はあったし、売れた売れないもあったさ。」
「でもそれは付録のようなもの。」
「みんな私生活を犠牲にしてまで、音楽に愛情を注いでいたんだ。」

「今は音楽で稼げる。音楽で金儲けができるんだ。」
「一発ヒットを飛ばせば、大金と名声が転がり込んでくる。」
「だから売れるかもしれないものばかりを作ろうとする。」
「音楽に対する愛なんてこれっぽっちもない連中が、
 金と名声のために音楽のようなものを作っている。」
「それではどんどん腐敗していくのが当然だ!」

c0357413_10230527.jpeg
柳宗悦が夢見た『美による理想社会の実現』。
まだまだ道のりは遠いようだが、私も必ず行き着けると信じている。

本能を信じること。
本能を曇らせないこと。
体制というものに惑わされないこと。
名声の偽りに毒されないこと。
お金の魔力に拐かされないこと。

レコーディングは出来なかったが、
自分たちのすべき仕事が明確になったことは
大きな収穫であった。
c0357413_10211689.jpg

by mixturamusic | 2019-07-25 16:01
EL ALTOとCHIJINI
地盤が弱く、坂道だらけのラパスでは、
ロープウェイが重要な交通手段となっている。
数年前に北欧からの技術で導入されて以来、今や9路線。
地下鉄さながらの路線網である。
c0357413_11002782.jpeg
街の『上空を走る』ロープウェイからは、ラパスの絶景が楽しめる。

全ての路線に乗ってみた。

RIO SECO(水無川)...かつてのEL ALTOの『出口』である。
農村然とした風景だったはずが.....
c0357413_11033896.jpeg
驚くほどの家の建ちかた....
それも奇妙な形をしたビルが、無闇矢鱈と増えている。
ロープウェイの駅を出て少し歩いてみると
人、人、人....車、車、車....
c0357413_11001120.jpeg
・・・・・・
EL ALTOに上るロープウェイの窓から、
こんな写真を撮ってみた。
私にとっては、ラパスの街を象徴するような美しい風景。
c0357413_10592075.jpeg
フェイスブックにアップすると、ボリビアの人たちから、
実にいろいろな反応があった。
「美しい」「懐かしい」「凄い」という声。
「醜い」「酷い」「恥ずかしい」という声。

圧倒的に前者の方が多いが、後者も少なくはない。
『美しさ』というものに対しての見方の違いが、ハッキリと表れた。

『美しさ』の根源は、生命(いのち)の美しさである。
真の美しさは、日々の暮らしの中にこそ存在する。
その懸命な暮らしの美の姿を、私にはこの風景から強く感じるのだが…。
............
c0357413_11013480.jpeg
かつて暮らしていたChijini地区。
多くの人が『レッドゾーン』だと言う。
しかし私には、ラパスで一番落ち着く場所。

c0357413_11532043.jpeg
歩いていると、たくさんの懐かしい顔に声をかけられる。
「Joven! A donde te haz perdido!?」
(ねえ!どこに行ってたの!!?)
懐かしい匂い。懐かしい音。

美しさと優しさがいっぱいのChijiniである。
c0357413_11462262.jpeg

by mixturamusic | 2019-07-24 11:49
La Paz...Ciudad del cielo!!! 空の街...ラパス!!!
約三週間のボリビア滞在....

何にしくじったのか.....
今回はずっと体調が悪かった。
c0357413_08150911.jpg
エル・アルト空港で2時間半の高山病に耐え、朝一の便でコチャバンバへ。
頭痛と息苦しさの中、同じ飛行機に乗る30年ぶりの友人に会った。

コチャバンバ.....
ラパスに比べ、標高が1,000mほど低いので、ずいぶん楽である。
心配していた寒さも、コチャバンバでは無関係である。
c0357413_08152061.jpeg
我がルス・デル・アンデの歌手Chelo Ariasの家でお世話になった。
レコーディング予定の新曲二つの詩を、二人で完成させた。
世界文学にも造詣が深いCheloくん、曲のイメージを伝えると、
庭をうろうろ歩きながら、スルスルとフレーズが流れてくる。

「直接対面して仕事がしたい。」

Cheloの希望もあってのコチャバンバ滞在。
彼は現在、スペイン語の俳句を勉強中である。
心地の良い共同作業ができた。
c0357413_07560308.jpeg
ある程度覚悟をしてのラパス入り。
Mate de Cocaを飲んで、呼吸を整えて機内へと。
コチャバンバ〜ラパスはたった25分の飛行である。
眼下にイリマニ山を見ながら、
あっという間に標高4,000mの滑走路に着陸する。
c0357413_08391914.jpg
数年前に建て替えられたエル・アルト空港。
出入国審査も通関もスムーズにはなったが
広くなった分、歩く距離も長くなった。
高山病には、ちょっとした距離、ちょっとした傾斜がきついのだ。

でも.....
覚悟をしていたような高山病の症状が出ない。
少し頭がフラつくだけで、普通に歩けるのだ。
タクシーに乗り、Mira Flores地区へと向かう。
街はちょうどGran Poderの祭り当日。
交通規制もあり、かなり混雑している。
本当は...祭りのentradaも見たかった。
c0357413_08394457.jpeg
急に体調が悪くなったのは、この二日後...
おそらく着いてすぐの体調がよかったので、
身体をいたわることを怠ったのであろう。

「高山病を拗らせると、よけいにひどいから…」
かねてから聞いていたことだ。

結局、帰るまで調子は戻らなかった。
友人たちに話すと
「年のせい?」
と笑われる。
しかしそればかりとは思えない...
やはり高山病を拗らせたのだと思う。
c0357413_07545208.jpg
予定していたレコーディングは先送りにした。
しかしそれも良い。
今回は、ルス・デル・アンデのメンバーとも、
たくさんの友人たちとも、ゆっくり話ができた。

いま私が、私たちがやろうとしている仕事には、
より良い熟成期間を与えてもらったと思っている。

ラパス...高山病になろうとも、やっぱり私の第二の故郷である。
VIVA La Paz !!!!
c0357413_07500656.jpg

by mixturamusic | 2019-07-24 09:13



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31