8月9日に寄せて
ひと月ほど前、初めて長崎原爆資料館を訪れた。
広島に続く長崎の惨劇、生々しい写真に言葉を失う。

長崎の資料館は、写真や資料で原爆による甚大な被害を伝えながら、
どうして長崎に落とされたのか、
どのような経緯で原子力爆弾が出来たのか、
どうして戦争末期に原爆が使用されたか、
どうしてこの戦争が始まったか…
だれがどうしてこの戦争を始めたか…
そして近年に到るまでの原水爆実験に伴う被害の声…等々の紹介に、
大きなスペースを取っている。
原爆の恐ろしさを知るとともに、戦争の愚かさを知り、
それぞれ個人がこれから何をすべきかを考えさせてくれる展示である。

戦争は大変愚かな行為である。
近年それらを起こした国々は、いわゆる先進国であり、
巨大な軍事力を持った主要先進国の多くは、
未だに武力の誇示による威嚇をやめていない。
『先進国の節度・良心』など信用に値しないことがよく分かる。

日本の政府も、安保法案によって戦争可能な主要先進国の仲間入りをしたいのだろう。
あまりにも稚拙である。
肯定される戦争など、どこにもないことを知るべきである。

人は国籍、宗教、哲学などに関係なく、自分の命が愛おしいのだ。
それは生き物の本能として、すべての人間に備わっている。
それはすべての人が、幸福を求めることの基本である。
自分の幸福を追求するのは正しい道である。
しかしその道を歩むためには、
自らの幸せと引き換えに誰かの幸せを奪っていないか、つねに考えることが必要だ。
想像すれば、さまざまな事に想いが到る。
それを基準に、自らが自らの行動を決めて行けば良い。

資料館に丸木位里・俊夫妻の作品『原爆の図/第14部/からす』が、
石牟礼道子さんの文章とともに展示されている。
原爆の甚大な被害を受けてまでの差別意識…。
誤った教育は、人格や性格をもねじ曲げて、
かくも歪んだ意識を植え付けてしまうのか。

人間の基本単位は、個人であるはずだ。
人はみんな、自らの命の主役である。

人間は、自然(じねん…自ずから然り)に備わった本能に、
もっと意識を向けて、
自信と自覚を持って、
生きて行くべきではなかろうか?
人間に備わった智慧を、
戦わないために活用すべきである。



# by mixturamusic | 2015-08-09 16:22
七月、暑さの中の大移動
それにしても先月はよく動いた。
走行距離にして5,300km超の一ヶ月!
その間を縫って、棚田の周りにイノシシ、シカよけのネットを張ったり、畦の草を刈ったり、友人たちとParillada(ボリビア流の炭火焼肉)をやったりetc...盛りだくさんの一ヶ月、大きな荒天もなく、大渋滞もなく、車のトラブルもなく、まずは無事にスケジュールをこなせた事に感謝です。

暑さと雨のおかげで、稲はずいぶん大きくなりました。
c0357413_09292076.jpg
とにかく暑い日が続いています。
愛猫もバテ気味。
くれぐれも熱中症にはお気をつけ下さい。
c0357413_09392610.jpg

# by mixturamusic | 2015-08-01 09:50
美しい風景の継承〜新たな結の形
 棚田での稲作の喜びは、美味しいお米の収穫以上に、四季折々の風景を創ることにある。

 春、苗代にきれいに出揃った苗。水を張った田んぼに映る色とりどりの空や山。きれいに植えられた稲の葉は夏風にそよぎ、穂は花をつけ頭を垂れ、やがて秋の虫の音とともに黄色く色づいてゆく。収穫の季節、稲がハザに掛けられた棚田の様子は、田植え直後の景色とともに、まさに日本の里山の風景である。
 田んぼはまた、たくさんの命を育んで来た。カエルやイモリ、ヘビや沢ガニ、ホタルやトンボなど、たくさんの生き物たちが、田んぼの中に棲んでいる。それらを狙う鳥や動物にとっても、棚田は大切な生活の一部である。

 人が耕作することで、山も里も美しく輝く。農業…人が昔から、食べるために行なって来たこの行為は、回りの生命も育んで来た。
 古来農業は、森羅万象とともに歩んで来たものだ。自然の摂理に逆らわず、天にも地にも感謝して、その恵みをありがたくいただく。農作業には、先人の知恵や智慧、技術やノウハウ、そして生きて行くための哲学に溢れている。 近年、効率を求めすぎるがあまり、利便性を追求するがあまり、先人たちの営みの歴史を忘れつつある。一度途絶えてしまった伝承を、ふたたび繋ぎ直すのは困難だ。かつての技術を身につけた農の達人たちが、もう農作業に耐えられない年齢になっている。

 国道349号線、川俣町大綱木から、二本松市東和を通り田村市に抜ける風景が大好きである。緩やかな傾斜のあちこちに、美しい田んぼが続く。左右の小山の裾には、かつて棚田であったはずの不耕作地が、至る所に散見される。
 農業の大変さや経済効率の悪さに、息子たちに農業を次がせない農家が多い。ましてや大きな農機も入らない、また収穫率も良くない棚田は、真っ先に切り捨てられて行く。しかし、棚田の風景の美しさを知る身としては、また農作業の大変さだけでなく、その魅力も、棚田復元の方法も知る身としては、元の風景に戻したい衝動に駆られる。

 先月、カラムシ織の里、昭和村を訪れた。トタンを被せた茅葺きの屋根が軒を連ね、しっかりと刈り込まれた畦に囲まれた田んぼの中に、分げつを始めた苗が風に揺れている。美しい村である。伝えるべき伝承を大切にして、今に生きる風景に、大きな力と安心を感じた。しかしここにも、超高齢化の波は押し寄せている。

 少子高齢化社会においては、相続関係のみで農地を維持する事は不可能である。地権はそのままにしても、農作業の出来る人たちの力によって、土地を生かして行く方法を模索せねばなるまい。現代の形の『結』が必要だ。

 今こそ、農業を志す人たちが、先人たちの知識や技術に学び、誰のものでもない普遍的な美しい風景を、次の世代に伝えて行かなければならない。美しき福島…震災後、幾多の困難に直面する農業県福島だからこそ、その可能性を強く感じる。
c0357413_06523535.jpg

# by mixturamusic | 2015-07-11 07:02
棚田の風景
先週やっとすべての田んぼの田植えが終わった。
この一ヶ月、秦野にいる時には毎日田んぼに出掛けていた。

極端に雨の少なかった五月、
はたしてこれで田植えが出来るのか心配したほど。
ツアー中にまとまった雨が降り
帰った足でそのまま田んぼへ。
やっと水の溜まった田んぼで、代(しろ)をかき、畦をぬり、
妻と二人で、気長に田植え。

全部で八畝(はちせ=240坪)が、十枚に分かれた棚田である。
一枚終わるごとに達成感がある。
疲れた頃に、友人が手伝いに来てくれる。
一人と二人は大違い。
二人と三人はもっと大違い。

田植えの終わった棚田の風景は、とても美しい。
自分で植えた田んぼに、ホタルが舞う様子は格別だ。

畦の草刈り、田んぼの草取り、
まだまだ仕事は続くのだ。
c0357413_21121265.jpg


# by mixturamusic | 2015-06-28 21:38
アレッポの石けん
アレッポの石けんを使うたびに
シリアのことを思い出す。

この石けんを作ってくれた人は
今も無事でいてくれるだろうか?
c0357413_15563756.jpg


# by mixturamusic | 2015-05-28 16:01



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31