人気ブログランキング |
小さくとも実のある『うず』…舞台挨拶より
(Concierto EL ECO DE LOS ANDES vol.26での舞台挨拶より)

足利市立美術館で、明日(6月2日)までやっている展覧会をご存知ですか?
『世界を変える美しい本』と題された、インドのタラブックスという出版社の展覧会です。
タラブックスは、インドの伝統的な絵画作家に依頼した多くの絵本をハンドメイドで製作している小さな出版社で、現在世界中から注目されています。
小さくとも実のある『うず』…舞台挨拶より_c0357413_22245258.jpeg

一見幸せそうに見える社会には、たくさんの不幸せが混在しています。
その不幸せの質も、ますます深く、大きく、悲惨になっているように感じます。

それに対して、世界中でさまざまな活動が生まれています。
これらは『このままでは未来が成り立たない』と直感する、人間本来の能力『本能』の反応だと思います。
とても小さな行為に見えるそれらの活動の誕生も、やがて周りを巻き込み、小さいながらも、しっかりとした実のある『うず』を巻き始めます。
小さくとも実のある『うず』…舞台挨拶より_c0357413_22250582.jpg
『世界平和』を目標としたロス・クアトロ・ペスカドーレスのコンサートも26周年。足利で、確実な足跡を残していると思います。
今年もそんなコンサートの一助となれました事、心より嬉しく思っています。

みなさん、どうもありがとうございました。
小さくとも実のある『うず』…舞台挨拶より_c0357413_22291050.jpg

2019.6.1.足利市民プラザホールにて

# by mixturamusic | 2019-06-06 23:05
美しさということ
しばしば『美しさ』ということを考える。

身の回りには美しさが溢れている。
自然の織りなす美しさはもとより
虫や動物たちの仕草や造形
人の手による造作、そして芸術…

美しさということ_c0357413_18543175.jpeg

ただ空の色を見れば
なんて美しいんだろうと思う。
海の波を見ても、
川の流れを見ても、
なんて美しいんだろうと思う。
山を見ても、森を見ても
花を見ても、虫を見ても
ただただ美しいと思う。

美しさということ_c0357413_19110648.jpeg

『美しい』と感じるとはどういうことか?
『美しい』とはなんであろうか?

子供の頃、よく考えた。
『人が美しいと思うから美しいのか?
 美しいから人が美しいと思うのか?』

美しさということ_c0357413_18555473.jpeg

美しい音
美しい仕草
美しい味
美しい思い出
美しい夢…
たくさんの美しさ…
我が身近くにあってほしいと思う。

人は近くにありたいと感じるものに美しさを見出す。
知識も理屈も必要ない。
ただ美しさを感じる。

人が近くにありたいと感じるのは
生命の持続に資するからである。
未来への肯定を感ずるゆえに
近くにありたいと思うのである。

美しいと感ずるのは
生命を肯定する本能である。
未来を持続するための本能である。

美しさということ_c0357413_18553817.jpeg

人は美しくないものをたくさん作ってきてしまった。
生命を否定し、未来を閉ざすものたちを
たくさん、たくさん作ってきてしまった。

美しいフリをして、美しくないものに満たされた贋い物。
これがとても厄介である。

本物の美しさは
身の回りに溢れている。
周りを見渡せば
美しさに満ちている

本能としての感性を曇らせてはならない。
安易な美しさのフリに流されてはならない。
実体のない偽りの美しさに騙されてはならない。

普遍的な美しさは、一瞬にして、誰にでも感じることができる。
それは、生命の存在そのものが、普遍的な美しさだからである。

美しさということ_c0357413_18570653.jpeg

# by mixturamusic | 2019-05-30 20:18
協調と妥協と惰協
人間は社会性を持った生き物である。
どんなに孤独を好んでも
どこかで社会に関わりを持たねば
生きて行けない。

国、コミュニティ、団体、組織、会社…そして家族。
すべて社会のカタチである。

歴史の上で人間は、
社会に枠を作り、決まりを作り、
…やがて『社会』に忠実な人間を育て
条件を課し、制限を設け、
忠誠を求め、犠牲を強いて…
社会の外枠を守ってきた。
…たくさんの悲劇を伴いながら。

しかし…本来社会は個のためにあるのであって
決して個が社会のためにあるのではない。
社会化は、個々の生命がより良い天寿を全うするための『本能」である。
協調と妥協と惰協_c0357413_16094241.jpeg

社会では協調性が求められる。
社会化の本能を、より良く保つための『協調』である。

『協調』のためには
ときに『妥協』も必要である。

しかしながら現代では…
社会での『妥協』ならぬ『惰協』が横行している。

社会的組織を守るための惰協。
既得権益を守るための惰協。
個人的地位を守るための惰協。
協調と妥協と惰協_c0357413_16054063.jpeg

物事を速く進めるために…
より多くの利益を得るために…
嫌われたくないがために…
さまざまな『惰協』は
『オトナの判断』という名で呼ばれたりもする…
いや、重宝がられたりもする。

妥協は、社会のために我慢が必要なときにされるべきだが
惰協は、個人のための不利益を避けるときに行使される。

社会化の本能にまっすぐ向き合い
より良い社会の実現を目指すためには
惰協の悪しき慣習を、即刻止めるべきである。
協調と妥協と惰協_c0357413_16034051.jpg


# by mixturamusic | 2019-04-25 17:20
聞こえる音、聞こえない音
NHKラジオの講座で、フランス語を勉強。
15分の講座ではとても覚えられないので、
録音したものを繰り返し聞いている。

どんなに短い文章でも、
自分の中にフォーマットのない響きは聞き取れない。
何度繰り返し聞いてもである。

挫折しそうな気持ちを鼓舞しながら
さらにしつこく聞いていると…
ある時、突然聞き取れるようになるのだ‼︎

聞こえる音、聞こえない音_c0357413_00055966.jpg

昨夏滞在したモワドンでも同じような経験をした。

朝から晩までフランス語の嵐…
到底『言語』には感じられなかった。
それがちょうど1週間もたった頃、
突然『言語』として聞こえ始めるのである。

自分の頭の中に、新しい隙間が空いたかのように。
それからやっと「話してみようかな」という気持ちが生じる。
聞こえる音、聞こえない音_c0357413_00011520.jpeg

これは音楽でも同じ事。
『弾ける』以前に『聞ける』必要がある。
『聞こえない』ことは、やはり『弾けない』。
しかし聞く努力を惜しまなければ、
聞こえなかった音も、必ず聞こえるようになる。

聞こえる音、聞こえない音_c0357413_00040347.jpg

ペーニャ・ナイラでカブールと毎晩演奏していた頃…
カブールのチャランゴの音は、いつも私の耳の中にあった。
カブールの演奏は、その話っぷりと同じで、常にせっかちだ。
それが『速い』とも言われる。

でもいつしか私には、速く聞こえなくなった。
今振り返れば
聞いているつもりではなかった音まで、聴覚の中に浸透してしまった。
カブールのフォーマットができたのであろう。

・・・・・・・・・・

音楽を、フォルクローレを勉強されてるみなさん。
どうか音をしつこく聞いてください。
繰り返し、繰り返し、聴き続けてください。

聞こえなかったたくさんの音が、
必ず聞こえるようになるはずです。
聞こえる音、聞こえない音_c0357413_00024020.jpg

# by mixturamusic | 2019-03-10 22:00
『盛んになる』ということ…
もう何年も前の話。

日本のあるケーナの先生から、
「“フォルクローレ協会”のようなものを立ち上げてほしい」
という趣旨のご連絡をいただいた。
「日本でフォルクローレが盛んになるために、どうかご尽力を…」
とのことだったと記憶している。

日本に帰ってきたばかりの頃、
実は私も、そういったものがあった方が良いのでは?
と考えていたことがある。
しかしそれは、『本場の音楽を正しく伝えたい』というのが目的であった。
『盛んになる』ということ…_c0357413_19571697.jpeg
『フォルクローレが、もっと盛んになってほしい』
ときどき耳にする言葉である。

『盛んになる』とはどういうことか?

フォルクローレを好きな人が増えること?
いやいや、そうではなさそうだ。
フォルクローレを演奏する人が増えること!!!

おそらくそうであろう。

他のジャンルのことはよく分からないが、
フォルクローレ・ファンには、自ら演奏する人がいかに多いことか…

日本のフォルクローレのパイオニアと呼ばれていた人に、
「フォルクローレを日本に根付かせるためには、演奏せずとも聞くのが大好きなファンを増やすことが大切なのでは?」
という趣旨のことを言って、一蹴されたことがある。
「フォルクローレは、やっぱり何か楽器をやらなきゃ!」
「……………」
やはりフォルクローレを『盛んに』したかったようだ。
『盛んになる』ということ…_c0357413_19580311.jpeg
冒頭のケーナの先生に、自分の疑問を投げかけてみた。
「フォルクローレを盛んにしたい目的は何ですか?」

以来返事をもらっていない。

・・・・・・・

急にこんな話を思い出したのは、
シークの材料が現地で枯渇しているということを耳にしたから。

Zongo〜ソンゴという地方の材料で、
tubo〜菅が極めて薄く、ラパス周辺では昔からソンゴ材のシークが使われてきた。
シーク特有の、ちょっとハスキーな音…ソンゴ材の特徴である。
25年くらい前にもソンゴ材の枯渇が問題になり、
自生場所を保護して、再び手に入るようになっていたはずだが。

そのソンゴ材のシークの行き先の多くが、
実は日本だそうだ!!!

日本は…フォルクローレが盛んな国である…。
『盛んになる』ということ…_c0357413_19583115.jpeg
『盛んになる』
極度に盛んになった状態を『流行』という。

流行は商機である。
儲けたい人たちは流行を狙う。
流行の通り過ぎた後は…

殺伐が横たわるのみである。






# by mixturamusic | 2019-02-07 20:49



  木下 尊惇 
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 06月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
検索
最新の記事
合奏するということ その2
at 2020-10-28 16:52
合奏するということ その1
at 2020-09-24 21:49
楽器の話 その1
at 2020-08-12 16:32
考える生きものたち
at 2020-06-28 12:44
太陽を見よ。雨音を聞け。
at 2020-04-02 15:23
宇宙の中での、音楽家としての..
at 2020-02-12 22:37
はしまや『子歳』コンサートで
at 2020-01-28 23:07
オルセー美術館にて
at 2019-12-08 22:55
ルーブル美術館にて
at 2019-12-04 23:47
三谷祭り
at 2019-11-30 23:28
作曲するということ
at 2019-09-07 11:41
サガルナガ・アソシエーション..
at 2019-09-02 17:09
本能の美
at 2019-07-25 16:01
EL ALTOとCHIJINI
at 2019-07-24 11:49
La Paz...Ciuda..
at 2019-07-24 09:13